意外と飼いやすい初心者におすすめなペットはヒョウモントカゲモドキ(爬虫類)って知ってた?

ぷぷんた
こんにちは!あるいはこんばんは!札幌在住ブロガーのぷぷんた(@pupuntasan)です!

 

我が家の家族構成は娘ちゃん1人、嫁ちゃん1人、ネコちゃん1匹、レオパ1匹、そしてぼくの、5人家族です。

このレオパというのは正式名称が、ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)のことで、簡単に言えば小さ目のトカゲちゃん。

正直ぼくは、爬虫類は苦手な部類だったのですが、嫁ちゃんがもともと飼っていた子がそのまま家族に加わった形。

最初はやはり苦手なので触りも出来ませんでしたが、だんだんと可愛く見えてきて普通に手のひらに乗せることも出来るくらいに愛着が湧いてきました。

一緒に生活していく中で、ヒョウモントカゲモドキをペットに迎えるのは初心者にはおすすめということが分かったので、まとめてみました。
  • ペットが欲しいけど、どんな種類の動物にしようか悩んでいる
  • ヒョウモントカゲモドキをペットに迎えたとき、どのように育てるのか知りたい

おすすめの理由その① 餌を与える手間が少ない

 

まず、ペットを飼うと必ず付きものである、餌について。

犬や猫は毎日2,3度あげるのが当たり前のご飯ですが、ヒョウモントカゲモドキの場合は1、2週間に1度くらいでOK。

ぷぷんた
かなり省エネでコスパが良いですよね!笑

 

餌ってやっぱり虫・・・?

想像通り、ヒョウモントカゲモドキが食べる餌は虫(主にコオロギ)です。

虫が苦手だから爬虫類を飼うのは無理!って人も多いですが、今はそんな方の為に、『レオパゲル』と呼ばれるペースト状の餌があります。

昆虫を主食とするトカゲ・ヤモリの為に、ミルワーム・シルクワームを高配合していますので、これだけで健康に育てることができます。

 

 

ぷぷんた
これなら虫が苦手な人でも餌やりで困ることはありません!

 

おすすめの理由その② 鳴き声がない

 

続いては”音”についての問題。

犬や猫であれば、鳴いたり走りまわったりして結構な騒音になったりしますよね?

ヒョウモントカゲモドキの場合はその問題は一切ありません。

鳴き声はありませんし、ケージの中で飼うので、走り回っていたとしても特に気になるような音は発生しません。

てゆーか基本的には大人しくしているのでほぼ無音。

ぷぷんた
たまに砂をかき分けている音がするくらいですが、それもほぼ気になるような音ではありません。

おすすめの理由その③ 臭いがほとんどない

 

そしてこれもペットを飼う点で嬉しい所ですが、ヒョウモントカゲモドキを飼うことで家の中が臭くなるというようなことはありません。

ヒョウモントカゲモドキ自体、気になるようなニオイを発生させることはありませんし、排泄物自体もほぼニオイがありません。

 

排泄物の処理が楽

排泄物と言えばオシッコとウンチですが、ヒョウモントカゲモドキはどちらも『固形』。

ぷぷんた
砂の上にコロコロ転がっているので、数週間に1度それを割りばしやピンセットなどで取り除くだけでOKなので、排泄物処理が楽なのも手間がかからず大きなメリットになります。

 

おすすめの理由その④ 小スペースで飼える

 

ヒョウモントカゲモドキ自体手のひらサイズで小さ目で、その子を入れるケージは縦30cm×横30cmくらいのサイズです。

イメージで言えばハムスターのケージよりも若干小スペースに収まるくらいのサイズ感です。

自宅の中でどこか棚の上が空けてあげればすぐにお迎えすることが出来ます。

ぷぷんた
小スペースで収まるので、模様替えもすぐにできてラクチンですよ。

 

ここまでご紹介した通り、とても飼いやすい動物であり、もともと苦手でも愛着が湧いてくると可愛く思えてくるのでお勧めです。

ですが、ヒョウモントカゲモドキの寿命は10~15年と言われているので、それなりに長期間にわたります。

その期間、責任を持って飼育できるという方は是非、新たな家族に迎えてみることを検討してみてください。

ぷぷんた
きっとヒョウモントカゲモドキの魅力に取りつかれますよ!最後までお読みいただきありがとうございましたっ!

 


あなたの大切な家族は加入済ですか??

猫ちゃんやワンちゃんはもちろん、小型動物や爬虫類のペットと住んでいるあなた。

未加入であれば無料なので1度資料だけでも目を通してはいかがでしょうか??

これから数年、数十年と、あなたと人生を共にする大切な家族になにか不運がしょうじない可能性はゼロではありません。

ぷぷんた
そんなときに保険に入っておけば金銭面的な問題が解消されるので、万が一のことが起きても安心です。

我々人間同様に動物たちにもきちんとした保証を付けることを是非検討してみてください。

 

ペット保険の資料請求はこちら

最新情報をチェックしよう!