居酒屋で働くのが大変な理由とメリットを元店員が語ってみます

ぷぷんた
こんにちは!あるいはこんばんは!ぷぷんた(@pupuntasan)です!

アルバイトや正社員で仕事を探すとき、あなたはどんなジャンルをよく目にしますか??数ある職種の中で、飲食業の求人って結構な数がヒットしますよね。

求人が多いってことは人が足りていないから入れ替わりが激しいのかな?とか、人手が足りないほど働きたいって思う人が少ないのかな?と思ってしまいますよね。

そんな大変そうな仕事である居酒屋さんアルバイトを高校生のときにしていたことがありました。社会人になり、居酒屋ではないけれど、お酒の提供もある飲食店で正社員として働いていた経験もあります。

その経験を元に、世間では大変そうに思われている居酒屋さんでの仕事内容が大変な理由をまとめてみました。

ぷぷんた
反対に、大変そうだけど居酒屋さんで働くメリットってなに?と思われる方のためにも、良い点もまとめてみたので合わせてお読みくださいっ!

居酒屋で働くのが大変な理由

ぷぷんた
居酒屋で働くのが大変な理由、つまりデメリットにあたる部分について先に説明していきます。

 

酔っ払いに絡まれる

居酒屋で働くのであれば避けては通れない大変なことの1つ、酔っ払いの相手をすることです。お客様はお酒を飲んで楽しむことを目的に居酒屋に来店されるので、働くたびに酔っ払いの相手をしなくてはなりません。

ぷぷんた
高校生のときにアルバイトで酔っ払いの相手をしていたときは、人間ではなく、もう別の生き物なんだと言い聞かせていました。笑

面倒な絡みをされたときは笑って誤魔化しておけばうまく切り抜けられるので、上手な愛想笑いが出来れば最高です!笑

 

独特の臭いが付いてしまう

 

居酒屋ではお酒の他に、お客様が吸うタバコや、香水の香り、また料理で使う油なり、色々な食材と、様々なニオイの元がお店の中でごちゃ混ぜになります。

そんな独特のニオイが漂う空間に長時間いなければいけないので、髪の毛や服にそのニオイが付着してしまいます。

しかもニオイの元がしつこいものばかりなのでなかなか取れなかったりします。

ぷぷんた
働くときは制服を着ていますが、通勤するときは私服なので、あまりお気に入りの服を着て通勤することはおすすめしません。

 

常に立ち仕事だから足腰がやられる

基本的に常に立ち仕事になる居酒屋さんでの接客。オーダーを取りに行ったりレジ打ちしたり、皿洗いをしたりと、何をするにしても常に立ち仕事です。

学生のアルバイトであれば学校が終わってからの数時間で終わりますが、契約社員や正社員で働く場合は更に長時間経ち続けることになるので、体力に自信がないかたは厳しい仕事内容になるかもしれません。

 

忙しいときと暇なときのギャップが激しい

時間帯によって忙しいときと暇なときがあります。また、時期的にも繁忙期閑散期もあるので、そのタイミングが重なった忙しいときと暇なときのギャップが結構激しいです。

忙しくなると料理の提供が遅れたり、オーダーが通っていなかったりしてお客様からクレームが入る可能性も上がります。そのクレームを受けるのは接客をしているホールスタッフなので、そのクレームを受けるメンタルの強さも必要です。

そして暇なときは暇なときでお店の掃除や備品の補充など、単調な作業だけしかやることがないので、時間が経つのが遅く感じます。

忙しくても暇でもどちらでも大変なことに変わりはありません。

ぷぷんた
しかも繁忙期には休みが取りにくいというデメリットもあるので、どうしても休みが欲しいときは事前に店長と早めに相談した方が良いでしょう。
なぜ、モデルのマギー監修のCRAS(クラース)は良い口コミばかりなのか?7つの理由
CRAS(クラース)はモデルのマギーさんが1年の長い年月をかけて開発したソイプロテイン。良い口コミばかりの7つの理由とは?
7つの理由をチェックする

最新情報をチェックしよう!